« 2008年01月 | メイン | 2008年03月 »

2008年02月 アーカイブ

2008年02月12日

キラッと光る 「おふたりらしさ」

 

元 島津家の別邸として建てられた マナーハウス島津重富荘

江戸時代末期 明治の初期からこの地にある この建物だからこそ 許される 

花婿と花嫁のスタイルがあります

     ゲストAさん 「洋装と和装ってなんだか 不思議・・・でもとってもステキ」

     ゲストBさん 「思いもよらなかったけど ここだからバッチリ合うスタイルだから羨ましい」

そうなんです。 司会者さんからの 説明のコメントを聞いて湧き上がったゲストからの声の数々

 

当時の花婿と花嫁を模した衣裳をお召しのおふたり

マナーハウス島津重富荘だからこそ・・・といって選ばれた衣裳なんです

 

当時 西洋の文化がいち早く取り入れられていた 薩摩の地では

花婿は燕尾服 そして花嫁は振袖に身を包み 結婚の儀を執り行なっていたそうです

 

余興や演出のこだわりはもちろんですが  衣裳ひとつのアイテムでも

ここでしか叶わない 「こだわり」 ・・・ステキでしょ ♪

 

 

 

 

DSCF4787.jpg

 

 

そしてこれは前撮りの時の茶目っ気たっぷりの 1カット

サービス精神旺盛の新郎新婦のたくさんの表情にとっても癒されちゃいました

おふたりらしさ②につづく・・・byみりん

2008年02月14日

家族

080209.jpg  

150年前からお庭にある『梅木』に真っ白な花が咲誇る
マナーハウス島津重富荘は寒さの中にも春を感じられる今日この頃
親御さまご姉妹と、とても仲の良いご家族それぞれが今日一つになり
新たに素敵な家族が誕生しました☆☆☆

ご親族の皆さま、大切なご友人とのウエディングパーティ
皆さまとゆっくりお食事と歓談を楽しんでいただき、日ごろの感謝を『カタチ』へ
またおふたりのキューピットへ『ありがとう』のサプライズ
そして何といっても、お互いへ『愛』のサプライズ・・・・

そう、2月は女性から男性へ『愛の告白をするValentine』
新婦さま手作りの『チョコ』をゲストおひとりずつ
『いままでありがとう、そしてこれからもよろしく』の気持ちと共にお渡し☆

そして、最後に新婦さまから新郎さまへ特大チョコのプレゼント!!
新郎さまより新婦さまへ改めて『プロポーズ』のお手紙を・・・
おふたりのやさしさに満ちた、心温まる素敵なパーティに幾度と涙がこぼれてしまいました・・・

幸せな笑顔のおふたり・・・
そして祝福の笑顔に満ちたご家族の皆さま・・・
本日は誠におめでとうございました。

P*S
同級生同士でいつか一緒に飲みにいきましょうね♪♪

                                     by ぶぅぶぅ

2008年02月15日

世界にひとつだけのチョコ

お写真だけだとわかりにくいのですが・・・

ブーケプルズ?焼酎プルズ?

いえいえ、どちらも違うんです。

ヴァレンタインが近いということで、おふたりがご用意したのは・・・

そう、チョコレートです!

しかも、島津重富荘オリジナル!この日のパーティの為だけにお作りした

世界でひとつだけのチョコなんです。

形をどうするか、プルズ用にするにはどうしたらいいのか、

おふたりやスタッフとも相談しながら完成したのがこちらです。

プラスティックの棒の先にハート型にしたチョコが計10本。

それをブーケに見立ててひとつに束ねて、リボンを結んで。

ラッキーチョコが当たる方はおひとり!となれば

ゲストの方々も大喜びでリボンをしっかり握って ドキドキ ドキドキ・・・

ご新郎様ご新婦様もとっても嬉しそうに、お声をかけたりリボンをお渡ししたり。

とっても贅沢で楽しいプルズ演出となりました。

見事、引き当てた幸運なゲストの方は、お友達や周りの方にも

おふたりからもらった幸せをさらにおすそわけされていました。

おふたりが約1年前からご準備していらっしゃった こだわり が

またひとつ カタチ になった瞬間でしたね。

やっぱり、幸せって広がってみんなに伝わるものですよね。

皆様にお喜びいただけて、もちろん、私も幸せをいただいちゃいました。

 

でも本音を言うと・・・

プルズの時は、おふたりの近くでお手伝いさせていただいていたのですが

ちゃっかり私も1本 リボン掴んでいたらよかったなぁ・・・

と本当はこっそり後悔しているまっくすでした。

 

                                    やっぱりバナナ大好きなまっくすより

 

2008年02月17日

願いを込めて☆

 

近しい方との厳かな神前挙式の後、
新郎新婦は、それぞれご両親と手をつないでゲストの前にお出まし!
ご両親も少してれくさそうにしながらも、
心の底からの嬉しさが、全身からにじみ出ていました。

そして、いよいよ、ゲストの皆様に見守られる中、念願の鏡開きの瞬間です!!

鏡開きとは、健康や幸福などを祈願し、
その成就を願って酒樽のフタを開くこと。
結婚式での鏡開きは、新郎新婦の新家庭を樽に見立て、
自らの手で開いていこう、と言う事で行われます。
古くは、武士が出陣の時、
必勝祈願としてお清めのお酒を振る舞った事より始まったのだそう。
かつては島津の武士たちも、同じようにこの場所で、
桜島を眺めながら鏡を開いたのでしょうか…

これから、新しい家庭を一緒に築いていかれるおふたり、
今日のこのひと振りで、
おふたりの明るい未来はまっすぐに開かれましたよ!
寄り道することもあるでしょうが、
ケンカしちゃった日には、今日の日の笑顔を思い出してくださいね。
新しいご家族も、本当に楽しみですね☆
どうか、いつまでもいつまでもお幸せに☆

きらり☆☆☆



梅の香

IMG_0614.jpg

みてください!かわいい古布の梅の小物たち!!
すべて、花嫁のお母様がひと針ひと針思いを込めて、
手作りされたものなんです!

皆さんご存知ですか?
島津重富荘の庭には、
この建物と一緒に150年以上の歴史を歩んだ、
古~い古~い梅の木があり、
1月末から2月にかけて、凛とした香を漂わせ、
麗しい姿で私たちを楽しませてくれます。
(そう言えば、いつだったか、梅酒管理人ブログで登場しましたね!)

そんな季節のウエディングを選ばれた、
庭の白梅のごとく清らかで凛と美しいおふたり
お母様の古布の小物を筆頭に、
エントランスの梅の木のオブジェや、パーティ会場を彩る装花、
ペーパーアイテムのデザインやお引出物etc…
細部にわたり、梅の香におもてなしの心をたくし、コーディネートなさいました

きっと、梅の木の精霊も、
おふたりのウエディングを祝福し、見守っていることでしょう
毎年梅の花がほころぶころには、おふたりも是非お顔をみせてくださいね
いつまでもいつまでも、お幸せに

きらり☆☆☆



卒業の音楽会♪

 

マナーハウス島津重富荘のオープニングから、
ずっと一緒にチャペルでステキなオルガンの音色を響かせてくれていた、
私たちにとって大切なパートナーである女性が、
思い出のチャペルで、世界一幸せな花嫁となりました

オープン前、忙しい中合間をみつけては、
チャペルでオルガンの練習に励んでいた姿が、
本当に懐かしく思い出されます…

お式から(というよりは準備中から)、
いろんな想いが蘇って瞳を潤ませっぱなしだった、
かわいいかわいい花嫁さん

お式のあとのパーティは、まるで楽しい音楽会♪
会場中央のピアノを囲んで、
次から次にゲストからのお祝いの曲が響き渡り、
美味しいお食事とお酒と音楽を楽しむ、
何より贅沢で優雅なウエディングとなりました

ラストはお待ちかね、花嫁も参加してのシアワセの四重奏♪
大切なご家族とたくさんの仲間の温かい笑顔と祝福に包まれて、、
後光がさす位ピカピカに輝いていましたよ

あなたが卒業してしまったのは少しさみしいですが、
いつもみんなで幸せを願っています
またきっと、思い出のチャペルでステキな音色を聴かせてくださいね

きらり☆☆☆

2008年02月18日

お父さんお母さんへ



おひらき後、お見送りの準備を整えて、
この日一番のステキな笑顔!!


お父様お母様が手になさっているフレームのようなもの、
なんだかおわかりになりますか??

お父様とお母様のお名前を、
感謝の気持ちを込めて詩にした、
世界でひとつだけのオリジナルポエムなんです!


天国からおふたりを見守っている、
お父様のお名前もお入れしたポエムを、
内緒でこっそりご準備されたおふたり

お父様お母様は、おもわぬステキなサプライズに驚かれ、
大感激のご様子でした

凛々しい制服姿を、
天国のお父様もきっと誰よりも誇らしく眩しげに、
見守ってらしたことでしょう


大好きな大好きなおふたり
いつまでもいつまでもお幸せに☆

きらり☆☆☆

ありがとう

 

おふたりにとって大切な大切なウエディング、
今日のこの日に、
おふたりが皆さんに伝えたかったのは、
このたった5文字の言葉、
『ありがとう』


お世話になっている職場の方々や、
大切なお友達にはもちろん、
一番身近で、一番なかなか言葉で伝えられないご両親に対して、
しっかりと感謝の気持ちを伝えるパーティを、一生懸命考えたおふたり

実は会場をうちに決めたことも、そのうちのひとつの要素!
ご新郎様のご両親様は、
新婚旅行で、旅館だった頃の重富荘を訪れていらっしゃり、
ご両親様にとっても思い出の地であられたんです!


そんな思い出の庭に咲いたのは、
ご両家の為に打ち上げられた冬の花火と、
それをしめくくる『ありがとう』の文字!!

文字を背にしてのご新郎様の〆のご挨拶に、
あたたかいあたたかい、大きな拍手が沸きました


心を込めたサプライズの数々、どれも大成功でしたね!
お打合せ、いつも楽しかったですね!
お会いできなくなるのは少しさみしいですが、
どうぞ、いつまでもいつまでも、お幸せに

きらり☆☆☆

2008年02月20日

***chapel*** たくさんのたくさんのお祝い

 

このオブジェなんだかわかります?

  1107%20%2823%29.jpg

マナーハウス島津重富荘のチャペルに飾られているアイアンアートです

どうして「人の顔なの?」と思われる方も多いハズ

 

ここに マタ ステキな想いが込められています

 

今日この場にはいらっしゃらないけれど

今までおふたりがお世話になった方々 そして  これから出会うべきたくさんの人たち

 

挙式当日にお招きするゲストはもちろんおふたりの幸せをお祝いしてくださっている

もっともっとたくさんの方達

そういった方々をイメージしたオブジェなんです

 

 

聖ヴァレンタイン教会の付属チャペルである このチャペル

樹のぬくもりを感じられる 暖かい印象

たくさんの想いの詰まった感動の挙式

言葉では言い表せない おふたりからの気持ちが

ゲストの皆様にきっと 伝わることでしょう

 

2008年02月28日

花嫁の兄



左端で、ビデオをかまえているのは、花嫁のお兄様

ウエルカムパーティのお庭からの退場時、
誠に残念ですがウチのカメラマンではどうしてもかなわない、
おふたりのピカピカの笑顔が、お兄様に向けられています

天国でこの日を見守っていらっしゃる、花嫁の父に代わって、
挙式では花嫁のエスコート役を努められたお兄様
大切な大切な妹の晴れの日、
朝からずーっと本当にお嬉しそうで、
でも、そわそわ落ち着かないご様子で、
まるで花嫁の父、そのものでした

そして、本物のお父様は、
きっとそのわきから、
そんなおふたりのご様子を、
目を細めて見守ってらしたことでしょう

お父様がおそばで見守っていてくださるおふたりのシアワセは、
怖いものなしですね☆

おふたりのはちきれんばかりの笑顔に会えて、
『楽しかった~っ♪』
というお声がきけて、本当に安堵しましたよ
お忙しい中、ご準備がんばりましたものね
きっと、お父様も同じお気持ちだったことでしょう

どうかどうか、いつまでもお幸せに☆

きらり☆☆☆


Good Luck☆☆☆

 

英国と薩摩、ふたつの国のご家族が、
この日、新しくひとつの家族となりました

凛々しい紋付姿のご新郎様と、
楚々しい白無垢姿のご新婦様
雄大な桜島を背に、本当にまぶしい笑顔です!!

挙式の前々日に帰国され、
挙式当日、実はお会いするのは2度目でしたが、
大変およろこびの皆様のお姿が何よりも嬉しく、
お見送りの頃には、おふたりのこと、
勝手ながら、ずっと長く存じ上げているような気持ちでしたよ

最後にギュッとしてくださった新婦様の温かさ、
新郎様と固く握手をして思わず重なった『Good Luck☆』
ウエディングプランナーってシアワセな仕事だなぁ、
と、あらためて思った瞬間でした

私にとっても、実は特別な日だったこの日のウエディング
おふたりのご担当をさせていただけて、
本当にシアワセでした

遠く離れた土地となりますが、
くれぐれもお身体には気をつけて
鹿児島へお帰りの際には、ぜひぜひお立ち寄りくださいね
いつまでもいつまでもお幸せに

きらり☆☆☆


2008年02月29日

ネコのワタシにとっても最高の会場

 

こんにちわ。はじめまして、みりんです。

ん?はじめまして?・・・って思った方いらっしゃいました?

実は今まで、マナーハウス島津重富荘のブログで「みりん」を名乗っていたのは

実はワタシのご主人様なんです。

DSCN0107.jpg

今日で ワタシのご主人様が このマナーハウス島津重富荘 を卒業することになりました

ご主人様にとって思い出の場所

そして ワタシにとっても思い出の場所

 

総支配人やシェフをはじめ みんなにかわいがってもらいました

たくさんの新郎新婦さま ゲストの皆様に 笑顔と元気をもらいました

美味しい料理

最高のロケーション

人間味溢れる 気持ちのこもったスタッフのみんな

これからも たくさんの笑顔が溢れる マナーハウス島津重富荘

ご主人様もワタシもここがダイスキ

 

たくさんの皆様に この会場のことを ここのレストランのことを

ダイスキになってもらいたい

 

今まで ご主人様がお世話になりました ありがとうございました

 

これから この会場に出会う皆さんへ

ワタクシみりんとご主人様からのメッセージ

「マナーハウス島津重富荘は最高です」

By みりん