« 2011年12月 | メイン | 2012年02月 »

2012年01月 アーカイブ

2012年01月13日

☆3大シェフの華麗なる美食会☆

皆様、明けましておめでとうございます。

本年もマナーハウス島津重富荘をよろしくお願い致します。

 

さて・・・年も明けたのに去年の話題で申し訳ありません・・・

2011年を締めくくるビッグな宴が開催されましたのでご紹介します。

main.jpg

中村勝宏シェフ&上柿元勝シェフ&坂井宏行シェフ

鹿児島が誇るフレンチの3大巨匠がマナーハウスに集結!!!

3人が初めて故郷に揃う貴重な一夜でした。 

 

kaiennmae.jpg  こちらは開宴前のショット・・・まだ余裕の表情。

nakamura.jpg    kamikakimoto.jpg    sakai.jpg

ひとたび、食材を前にすると・・・職人です。 穏やかななかにも熱いまなざしが印象的。

 

ついに開宴!

20111216%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%83%97%E3%83%8B%E3%83%B3%E3%82%B0.jpg

純白のコックコートに身を包んだ3人からはただならぬオーラが・・・

4%E3%82%B7%E3%82%A7%E3%83%95.jpg  宮元シェフも交えてメニューの紹介。

大先輩と並んでドキドキの宮元シェフ。

2011年は道場さんといい、大変な一年でしたね。

magome.jpg  美食会のもう一つの楽しみはワインです。

シェフソムリエ・馬込より一つ一つ丁寧にご紹介・・・さらに期待が膨らむ瞬間。

 

20111216%E4%B9%BE%E6%9D%AF.jpg  かんぱーい!!!

20111216%E5%89%8D%E8%8F%9C.jpg 前菜は宮元シェフ担当。

2011年はフォアグラの新しい出逢いがテーマでした。

スープの準備に余念のないキッチンの中で楽しそうなおふたりを発見!

sakai%2Bkamikakimoto.jpg   なにかいいこと思いついたんですか?

今回の美食会はキッチンの様子をライブ中継しました。

徐々に出来上がるお料理をスクリーン越しに見つめて、間もなく届けられるお皿に期待が膨らみます。

『料理の鉄人』のキッチンスタジアムを髣髴させるシェフたちの動きに私達スタッフも惹きつけられました。

kamikakimoto2.jpg       kamikakimoto3.jpg  

会場のゲストにお料理への思いを語りかける上柿元シェフ。

優しいまなざしと、時に熱い口調が印象的でした。

20111216%E3%82%B9%E3%83%BC%E3%83%97.jpg  そんな上柿元シェフのスペシャリテ・・・黒さつま鶏のロワイヤルスープ

ありえないくらい贅沢にトリュフがのってるのがわかります?!

 

次は坂井シェフ担当の魚料理。隣では上柿元シェフが盛り付けに参加。

sakai2.jpg      20111216%E9%AD%9A.jpg

冬の高級魚・クエのパネのロティー。クエの旨味のソースがさらに美味!

釣り番組で巨大クエを釣り上げた話をしたかった坂井シェフでしたが・・・

オンエア前という事で、今回は断念。そんな思いの詰まったクエでもあったんですねー。

 

nakamura2.jpg    sakai3.jpg

最後は中村シェフ担当のお肉料理。

ここでも坂井シェフ、上柿元シェフが盛り付けに参加。

20111216%E8%82%89.jpg  黒毛和牛を3種の調理法で・・・

このお料理、一皿にポワレ、煮込み、キャベツ包みと3種のお肉料理が盛り付けられています。

ほんとに手の込んだ手の込んだ一皿でした。

 

20111216%E3%83%87%E3%82%B6%E3%83%BC%E3%83%88.jpg コースの締めくくりは上柿元シェフによるデザート。

木苺に施されたデコレーションがクリスマスを演出。

 

4人の思いの詰まったコース料理を堪能していただいた後は、お楽しみのトークショーです。

to-ku.jpg       to-ku2.jpg

to-ku3.jpg  料理との出逢い・フランス・故郷・未来のフレンチ・・・そして震災。

和気藹々とした中にも、時に強い口調で、熱いまなざしで語りかける3名。

生きることの基本である『食』。

『食』に携わるという事は『生』に携わる事と同じであると感じました。 

 

フィナーレでのサポートシェフの登場では

finale.jpg  ミディソレイユの田中シェフを上柿元シェフが kudou.jpg ラ・ロシェルの工藤シェフを坂井シェフが紹介。

工藤シェフは3年ぶりのイベント参加でした。

fenale2.jpg  最後に坂井シェフと固い握手を交わす宮元シェフ。

10年以上前から願い続けていた3名の饗宴の実現にほっと胸をなでおろした瞬間だったかもしれない・・・

 

 

食の宝庫・鹿児島からはたくさんの料理人が誕生しています。

活躍の地は違えども、故郷を思う心は同じ。

その故郷の『食』文化がさらに盛り上がるように、微力ながら頑張っていこうと感じた夜でした。

                                                   ☆ange☆ 

2012年01月15日

☆くいしん坊がやってきた☆

マナーハウス島津重富荘はオープンして早5年。

今までにいろんなお客様にお越しいただきました。

 

このたび、『くいしん坊』様がご来店されました。

matsuoka%2Bchef.jpg       matsuoka%2Bryoko.jpg

月曜日夜に放送されています『くいしん坊!万才』の収録でした。

今回は鹿児島特集。

案内人・松岡修造さんには前菜2皿とお肉料理一皿をお出ししたのですが・・・

3品全てを収録中に召し上がったんで す!!!

過去にもこういった取材&収録はありましたが、

全部召し上がる方は初めてで・・・びっくり。

それくらい美味しいって思っていただけたのかなぁ(^^)

その食べっぷりのよさにシェフもとってもうれしそうでした。

松岡さん=熱い人のイメージだったのですが、

収録中のお話も穏やかで、シェフの話にじっくりと耳を傾けたり、

すごく紳士で素敵な方でした。

 

と・・・無事収録も終わり、料理のみを別で撮影していた時でした。

撮影用の2皿も松岡さん食べちゃいました(><)

つまりトータル5皿。

「松岡さんって全部食べちゃうんですよー」とスタッフさんは言ってたけど・・・

うーん、やっぱり松岡さんはくいしん坊でした。

 

☆オンエア情報☆

「松岡修造のくいしん坊!万才』

1月16日(月) 午後10:04~ (月9ドラマとスマ×スマの間です。)

※関東圏を中心にオンエアされるとのことで、鹿児島では放送されません。予めご了承くださいませ。

※関東圏の方、ぜひご覧くださいませ♪

2012年01月21日

☆早春のワイン会へのお誘い☆

例年より少し梅のつぼみが硬く感じられた初旬でしたが、

ようやく一つ、また一つとほころび始めそうな雰囲気です。

そんな梅花を眺めながら、ワインを傾けてはいかがでしょうか?

 

今から約150年ほど時はさかのぼって・・・

島津久光のために重富島津家の別邸が建てられた頃、

遠いフランスの地ではボルドー地方のワインの格付けが発表されました。

現代においても、ワイン選びを左右するこの格付けで

当時4つのシャトーが第1級の称号を得ました。

(※1973年『シャトー・ムートンロートシルト』の昇格で現在第1級は5シャトー)

その中でもグラーブ地区からの唯一の選抜であるにもかかわらず、第1級に格付けられたワインが存在します。

『シャトー・オーブリオン』

そう呼ばれる偉大なワインはグラーヴ地区の土壌の恵みを受け、

エレガントで複雑なアロマが5大シャトーの中でも秀逸で、世界中のワインファンを魅了しています。

 

Haut-brion1987.jpg  『シャトー・オーブリオン 1987』

今回のグランシェフとソムリエの饗宴のメインワイン。

優美で繊細な香り、華やかさと甘さ、まろやかさを併せ持つ至高のワインをメインに、

スパークリング~白ワインとお料理に合わせてご用意するワインコース。

そして早春薫る食材をふんだんに使った総料理長宮元伸一郎の珠玉のフルコース。

150年前から変わらぬ人気を誇るワインを、

築150年の伝統建築が息づくぬくもりの中でお愉しみくださいませ。

ぜひ、皆様のお越しをお待ちいたしております。

 

 

グランシェフとソムリエの饗宴 Vol.12

2012年2月3日(金)19:30~

お一人様 12,000円 (フルコース・ワイン・消費税・サービス料込)

2012年01月29日

☆夢が叶う日☆

結婚式と言って思い浮かぶひとつといえば、ウエディングケーキ♥

ウエディングケーキのはじまりは、古代ギリシャ…
主食だった小麦が原料のビスケットを花嫁の頭上で砕いて集まった人々が
二人の幸せを祈りながらかけらを食べていたそうです。

収穫に恵まれるように、子宝に恵まれるように、と願いをこめたものが
今のウエディングケーキへと進化したのですが、
今でも新郎新婦の幸せを祈る象徴のひとつですよね!!

今回ご紹介する方々は、新婦様が重富荘パティシエスタッフと大親友☆
新婦様はいつもなにかあるとサプライズのケーキを用意してくれてる友人に
ウエディングケーキを作ってもらう事が夢のひとつだったそうです。

オーダーした内容は『すべておまかせ♪』
今までたくさんの時間を一緒に過ごして、
お互いの事をよく分かり合っているからこそのオーダーですね。

結婚式の5日前、とうとう夢が叶う日が近いんですね。。。
とお話された新婦様のお言葉はとっても印象にのこっています。

そんな想いの中迎えた当日、
『わぁーー!』『すご~い!』
会場一体に歓声がわいたケーキの登場シーン♪
1201081.jpg  

パティシエスタッフは、新婦様の喜ぶ顔がみたいというただその想いで
仕事が終わってからも、年末も‥年始も…そして、結婚式当日の朝も、本当に頑張ってました!!!

1201082.jpg  

新郎新婦が大好きなミッキーの形をマカロンを
タワーにしたウエディングケーキには、
結婚式を迎えるまでのたくさんの想いが込められていて、
新婦様が涙する程、本当に最高なケーキでした!!

結婚式は新しい絆が生まれる時間でもある事を改めて感じた瞬間でした☆
120108-424.jpg  

頑張り屋さんで細やかなお気遣いが素晴らしいおふたりに
いつも尊敬するばかりだった私ですが、
担当させていただき本当に幸せなお時間を有難うございました!!

鹿児島にお帰りの際は、パティシエスタッフだけでなくわたし達も
おふたりのお帰りを心よりお待ちしております ♥

ツタエタイキモチ

111217-480.jpg  

『ありがとう』
それは、おふたりがいままでお世話になった皆様に、一番お伝えしたかった言葉。

7月にはじめてお会いした際に、
「ぼくたちの結婚式のテーマは、『感謝を伝える結婚式』なんですっ!!」と
夏の太陽に負けないぐらいの熱い眼差しで、私にお話してくださいました!

この花火も、そのひとつ。
でも、この花火が見れるのは、その日の最後。。。.:*:・'゜☆

 

いつも元気でにこやかなおふたりらしく、
その日は明るい日差しの降り注ぐ、気持ちのいいお天気でした。

おふたりは、お越しいただいたゲストの皆様に
重富荘をめいっぱい楽しんでいただけるよう
重富荘の「ガイドマップ」をご用意されました。

チャペルや高台にある重冨神社からの景色、
白薩摩焼でできた襖の取っ手etc...
おふたりお気に入りのスポットがいっぱいのガイドマップです!

チャペルでの挙式の後は、お庭でのウエルカムパーティ。
ウエルカムスピーチでは、もちろん、お越しいただいた感謝をお伝えします!
そして、ゲストの皆様とお写真をお撮りしたり、ゆっくりお話をされたり、
穏やかに時間はすぎて…
退場される前に、青い空へおふたりと皆様の幸せな気持ちを込めたバルーンを
空いっぱいに飛ばしました!

おふたりのバルーンには、天国でその幸せな姿を見守ってくださっている
新婦様のお父様へ「いつもありがとう」の気持ちを込めたメッセージカードをつけて。

111217-215.jpg

 

 

披露宴でもおふたりはたくさんの「感謝」を込めました☆

ゲストの皆様が心ゆくまで披露宴を楽しんでいただけるよう、お料理にもこだわりました!
皆様ご存知、お料理のプロデュースをしていただいている坂井宏行シェフの
代表料理『フォアグラのクロケット(コロッケ)』を特別にご用意されました。
そして、皆様大好きなデザートも、お好きなものを思う存分楽しんでいただけるよう
ビュッフェスタイルでご用意されました。

お色直しの後は、ゲストの皆様のテーブルへお邪魔して、
「今日はありがとうございます!」とご挨拶をされながら、テーブルの皆様と写真撮影。

もちろん、ゲストの皆様からも、たくさんの「おめでとう」をいただきました!
教師であるおふたりの教え子さんや、同僚の方々からの
心温まるメッセージには、おふたりも本当に嬉しそうな笑顔で応えていらっしゃいました。

披露宴のクライマックス。
おふたりの親御様やお越しいただいているゲストの皆様へ感謝をお伝えするシーン。
でも、その前に…

新郎様が一番感謝を伝えたい方がいらっしゃいます。
それは、いつも笑顔で、そして一番近くで支えてくれていた新婦様です。
新郎様らしいお言葉で、気持ちの全部が新婦様に届くように
ゆっくりと、しっかりと。

いつも冗談を言ったりして笑い合っているおふたり。
お互い、最初は照れくさそうな表情でしたが、
新郎様の真剣なお言葉に、新婦様の嬉しそうに微笑まれ、
会場中が感動に包まれました。

111217-425.jpg   

 

そして最後は、そう!最初にご覧いただいた写真の花火です。
通常、ゲストの皆様への感謝のご挨拶は、会場の中で行います。
でもこの日は、皆様にも会場の外に出ていただいて、お庭にてご挨拶されました。
何度も何度も、「ありがとう」をお伝えして、
最後に一番大きな「ありがとうござました!」の声を合図に、花火が打ち上がります!

冬の花火に照らされて浮かび上がる皆様の笑顔が、
その一瞬を、一段とキラキラと輝かせていました。

この花火の演出は、新郎様が一番こだわって考えられた演出でもありました。
「感謝を伝える」ビックイベントでした。

おふたりは、こうしてたくさんの「ありがとう」の気持ちを皆様に伝えられました。
そして、それがきっと皆様にしっかりと届いたんですね。
ゲストの皆様のたくさんの笑顔が、そこにはありました。

そんな瞬間に立ち会えた私も、おふたりに心から感謝しております。

 

 

皆様も、大切な方へ、いつも照れくさくてなかなか伝えられない感謝の気持ちを
結婚式で伝えてみませんか?

2012年01月30日

こんな結婚式はいかがですか??

突然ですが皆様、“結婚式”に対してどんなイメージをお持ちですか??

新郎新婦は、久々に会う仲の良い友達だけど、
結婚式の日はふたりはイベントで忙しくてあまり話ができない・・・。

ふたりといっぱい写真が撮りたい!!
でも、あんまり撮る時間がない・・・。

そんなイメージ、お持ちじゃないですか??
そんな皆様に是非ご紹介したいのが、今回のパーティです♪


“ゲストみんなが楽しめるような演出をしたいんです!”

その一言から始まった結婚式のご準備で、
おふたりのおもてなしの気持ちがたくさん詰まった、
楽しい時間がたくさん用意されたパーティを創り上げました☆

まず初めにゲストの皆様をお出迎えしたのは、おふたり手作りの重富荘の地図♪
重富荘が初めての方でも来たことがある方でも、皆様に重富荘を楽しんでもらおうと、
忙しい合間をぬって、重富荘の写真を撮ってまわられました。
ゲストの皆様、重富荘は全てご覧いただけましたか??

111029-16.jpg      

続いてのお楽しみは・・・
テーブル対抗、利き酒ゲーム!!
千円、三千円、一万円のワインをご用意し、
どのワインがいくらのワインか、ゲストの皆様に当てていただきました!

司会進行はご新郎様♪
ベテランのような司会者ぶりで(!?)かなり盛り上がりました!

ご新婦様はご友人のテーブルで参戦です☆

111029-429.jpg

そして最後は今まで育ててくださったご両親、お世話になった皆様へ向けて
ご新婦様のピアノ演奏のプレゼントを・・・☆

111029-451.jpg

真剣な表情の新婦様とそれを見守るご新郎様・・・♪
とてもとても、ステキな時間が流れました・・・☆


いかがでしたか??
“結婚式”は新郎新婦様おふたりで創り上げていただくものです。

“写真は撮れなくて当たり前”じゃなくて、
たくさんたくさん、お写真撮れるんです♪
“新郎新婦と話するなんてとんでもない!”じゃなくて、
いっぱいお話、できるんです!
もちろんゲームで司会をしたり 、ゲストの皆様と一緒に盛り上がったり☆

皆さんもそんな結婚式、ご検討されてみてくださいね!


そして、いっぱい頑張ったおふたりへ♪
お忙しい中、地図を作ったりピアノの練習をしたり・・・。
たくさんたくさん、お疲れ様でした☆
ゲームの時は、viviも会場の隅で新郎様の名司会を楽しんでいたんですよ!(笑)
またいつでも遊びにいらしてくださいね♪

                                              vivi☆

 

1年ぶりの再会・・・♪

☆2011年1月23日☆

昨年重富荘で披露宴をされた方をご紹介します♪
挙式前の一枚です♪

2011012301.jpg  
http://www.s-shigetomisoh.biz/blog/2011/02/post_312.php
↑ ↑ 昨年も実はブログでご紹介させていただきました♪♪
一年前、おふたりとした約束・・・
私たち、とても楽しみにしていました!!!ヽ(=´▽`=)ノ♪♪♪

☆2012年1月23日☆

まちに待った後撮りの日♪

12012302.jpg

当日と同じ衣裳と、和装をプラスしてもう一着!
結婚式から一年後、改めて初心に戻りたい!とのお気持ちで☆
一年経っても、初々しさの残るおふたり♪♪
見ているだけで幸せな気持ちになります☆

一年前と写真を比べると・・・後撮りのほうがお天気がいいような・・・♪
天気予報では雨マークが続いていたのに晴れるなんてさすがです♪

おふたりから、一年後の後撮りのアイディアを伺ったとき、
私自身、1年後に後撮りをしたいと言われたのは初めてでしたので、とってもビックリしました!
でも1年後がとても楽しみで・・・♪

久しぶりにおふたりに会えて、そして、もう一度、一年前のおふたりに出会えて・・・
本当に幸せな時間をいただきました!

12012303.jpg   

今回も最後は集合写真♪

・結婚式準備が忙しくて、前撮りはあきらめようと思って・・・
・妊娠中だから、負担は減らしたくて・・・
・当日初めてドレスを着た姿を彼に見せたいから・・・

など、新郎新婦様が前撮りをあきらめられるのには多くの理由があります。

おふたりの後撮りをしている姿を見ていて、
この後撮りという選択肢、オススメします!!

結婚式から一年後・・・
家族が増えていて、記念の一枚を撮ってもいいですし、
ケンカ中であれば仲直りのきっかけにもなるかもしれないですし、
1年後のおふたりと重富荘とまたこういった形で再会できるのもとても嬉しいな♪と思います☆

後撮りの日、おふたりに会えた喜びで、司会者、お花屋さん、カメラマン、ヘアメイクスタッフ、
重富荘のスタッフかなりはしゃいでしまい、いっぱい一緒に写真を撮らせていただきました☆

これから、結婚5周年、10周年とお互いに年を重ねながら、
またこうやって集まることが出来たら本当に素敵だなーと思っています☆
また、重富荘がいつでも戻ってこれる場所であり続けたいと思います。

ちなみにこの日の隠れミッキーは2つだけ、
新婦様と私の指先だけでした♪

おふたりへ・・・☆
いただいたブーケ、大切にしています♪
結婚式の準備から後撮りまで、私にとってかけがえのない時間になりました!
これからも毎年、遊びに来てくださいね!楽しみにしていますヽ(^◇^*)/

                                       あくびちゃん♪